tiny dots

裏方の日々

2014年4月6日(日)

本日のよしなしごと

10時に起床。朝食はコーヒーとパン。前日の夜に相方から明日の予定がなくなったと連絡があったので、一緒に科博の「医は仁術」展へ行く。入る前にアメ横の宇奈ととで昼ごはん。3年前に大城と来て以来なのでだいぶ感慨深い。しかし、普通にうな丼を頼めばいいものを、何を思ったかうなぎめし(蒲焼きが刻んであって、うな丼より量が少ない)を注文してしまい、泣く泣くタレで食べる羽目に。久々のうなぎなのにやってしまった感で凹む。近々リベンジしたい所存。展示会場には昼すぎだからか珍しくすんなり入ることができ、中も比較的ゆったり廻れた。江戸時代から現代までの日本医学の発展を、貴重な史料によって概観できる素晴らしい展示で、特に本物の「蔵志」や「解体新書」に感無量。根来東叔の「人身連骨真形図」はあなたこれ好きでしょうと言われてぐぅの音も出なかった。それにしても、特に解剖学の歴史を作ってきた人々の功績には畏敬の念を禁じ得ない。自分は解剖とかでググるのすら気後れしてしまう。最後の方に置いてあった東芝裸眼立体視ディスプレイがすごかった。物販で、前売り特典の手ぬぐいをもらったあと、常設を足早に見る。ヨシモトコレクションはいつ見ても圧巻。毎回時間がなくあまり満足に常設展示を見ることができず、後ろ髪を引かれながら閉館時間を迎える。とはいえここへ来るといつでも子供に戻れるので、東京では一番好きな場所かもしれない。退館後、ドトールで一服。ぶらぶらした後、池袋西口にある中華料理屋 楊で晩ごはん。孤独のグルメに出たという汁なし担々麺を頼むが、給食のソフト麺みたいな食感でだめだった。。同じ汁なし担々麺なら目黒のかづ屋の方が全然うまいなあ。それ以外はそこそこ美味しかったので、仕事帰りに寄るのもいいかもしれない。22時頃帰宅。

本日の何か

花屋で見かけた、カルセオラリアという花。袋みたいで面白い。

f:id:hideyukisaito:20140406123632j:plain